ファームファクトリー ホーム > 技術・設備紹介 > 真空蒸着

真空蒸着

真空蒸着とは?

真空にした容器の中で、成膜したい蒸着材料を蒸発させ、物体の表面に付着させ、薄膜を形成するという方法です。
一般的な自動車部品のライトの反射板や装飾品などの他に、メガネやレンズなどの反射防止膜、特殊ミラー、スナック菓子などの袋に用いられているアルミ蒸着フィルムなど様々な分野に広く利用されています。

※すべてベースは真空蒸着メッキです。

真空蒸着カラーサンプル

蒸着メッキの表現は幅広く、ハーフ蒸着加工や、サテン調、金属調の表現、その他カラー塗装では自社で調色を行いますので、さまざまな色を表現できます。

当社での下地工程の取り組みとしましては、素材に合わせたサフェーサ処理、 研磨をして、各色のベースコート(下地の塗膜)を吹き付け、乾燥させた後に当社独自の各下地工程に入っていきます。 蒸着メッキを付けるまでには、幾度の工程に渡り、丁寧に下地を作りあげ、品質の良いものが完成するよう取り組んでおります。

  • カラーサンプルはこちらから
  • 制作実績はこちらから

ページの先頭へ